いま人事制度の見直しの必要性が高まっています

企業を取り巻く経営環境がこれまでにないほどの大きな変化に直面しています。
それゆえ人事労務管理のありかたも今までと違う視点から見つめ直す必要があることを意味しています。

喫緊の課題となっている「働き方改革」や「同一労働同一賃金」を実現していくためには、
働いた時間そのものではなく生産性を評価する仕組みや、
仕事の内容・成果によって決まる賃金制度への変革を迫られています。


御社でも、いまこそ人事制度を根本から見直してみる時期ではないでしょうか。

私たちヒューマン・プライムの社労士が、御社の人事制度の見直しと運用を強力にサポートいたします。

 

 

社労士ブログ